Exhibition

2012.8.3 fri. - 8.11 sat.

工藤 和彦 展/Kazuhiko Kudo 陶器

工藤 和彦 展/Kazuhiko Kudo 陶器

工藤和彦さんの作品は「土もの」ながら、軽く硬い焼き上がりで、すっきりとした印象の器です。
地元、北海道旭川の原土をスコップで掘って採集し、昔ながらの「蹴ろくろ」で、ひとつ、ひとつていねいに形成されています。

『碗が二つ』の今回のD.M.は、2002年サボア・ヴィーブル初個展のD.M.を意識してのデザインだそうです。
スタートを切った当時から、今年で10年目となった展覧会。
自分なりにこの10年を振り返ってみようと、あえて同じ構図の写真にしたそうです。

「今までは軽やかな気分で、ただただ前を向いて外に向かって、自分らしいものをいろいろ作ろうとしてきました。北海道に移り住んで19年。最近、この土地に安住するような状況が次々と生まれ、腹が据わってきたのでしょうか。陶芸作家としての自分の心構えが変わったと実感します。意識を高く持って、どっしりとした仕事がしたいと思うようになりました」と。

「焼き物に対する嗜好が高い人にも、気に入ってもらえるもの作りを、、、」と、意識し始めた工藤さん。
初心を思い出し、成長した自分を励まし、、、という時期でしょうか。
「じっくりとものと対峙して制作していきたいと思います」という工藤さんの、今回の個展です。

Online Store 工藤 和彦

Artist Information 工藤 和彦

Official Site 工藤 和彦

Exhibition Scenery

  • 片口3種
  • 片口4種
  • くみだし
  • 展覧会
  • 土瓶と湯のみ
  • 展覧会
  • 白樺ホワイト皿
  • ぐいのみ
  • 黄粉引鉢

Current Exhibition

西浦裕太 | scenes

2021.9.18 sat. - 9.26 sun.

西浦裕太 | scenes

【遠い山の向こうで打ち上がった夜空の大輪は カイの憧れを照らし 勇気を祝った】 西浦裕太さんの木彫作品は、デジャブに導かれるかの世界観を持っています。 『風景』というキーワードを手がかりに…

Next Exhibition

Archives