Exhibition

2020.4.3 fri. - 4.12 sun.

八代淳子 漆展 

八代淳子 漆展 

「漆の制作では、偶然性を狙うという事はあり得ないのです。生地を作り始めた時から、常に完成形があります。なので、ひたすら作品のスケッチをしています」と。八代淳子さんは、生地作りから仕上げまでの全工程を、すべて自身で制作します。

その作品は、かつての漆器の印象にとらわれることがありません。形、質感、色合い、アイテムなど、何ともスタイリッシュですが、漆の特性が生かされています。

「仕上げのテクスチャーは、デザインの一部として考えています」という八代さんは、多くの技法を取り入れています。彫刻刀での彫の紋様、チェンソーでの刃つり目、和紙のテクスチャー、木肌を生かす摺漆、錫粉の金属色、そして異素材との組み合わせなど。

今回の個展では、DM写真の乾漆の作品も加わり、折敷、盆、注器、お重、ぐい呑、皿、椀など、多岐に渡り出品されます。

Online Store 八代 淳子

Artist Information 八代 淳子

Exhibition Scenery

  • No9 内錫彩片口
  • No39 唐松紋弁柄三段重 長手
  • NO38 唐松紋錫彩三段重 長手
  • DM作品  乾漆蓮弁皿 大小 更紗紋 ほか
  • 醤油差し ほか
  • 鉢 丸皿
  • No18 はぎ合わせ折敷
  • 杉彩盆 各サイズ :No32 長手

Current Exhibition

結城美栄子 展  |  Present

2021.10.16 sat. - 10.24 sun.

結城美栄子 展 | Present

ストップモーションのように、 気配や表情を一瞬にして切り取ったかのような結城美栄子さんの陶作品。 喜び、憂いなど、押し殺された表情に、 つい自分の感情を重ね合わせたり、、、。 言葉を持たな…

Next Exhibition

Archives