Exhibition

2019.12.14 sat. - 12.23 mon.

立花 英久の塑像

立花 英久の塑像

待って何がいけない

立花英久

「私は面影でこしらえている」
「自分の頭のなかで考え出した登場人物はなく、実際に出会ってきた友人たちが複製されるだけなのだ」
「記憶と出会い直している。私は私を生まれ直している」
表現は再現か。是等先人の言葉たちに揉まれながら、わたしはこしらえる。
男「何をするかは重要じゃない。生活者であることを忘れないことだ。出会ったひとやものの言葉のなかにヒントを見つければいい」
女「一体何のヒント?」
男「それはわからない。でもそれは大切な何かだ」
こしらえることは、何かを待っている。一体何をだろう。その何かに出会いたいからこしらえる。わたしのゴドーを待っている。ヒトガタは何を待ちつづける。ただ立っている。

Online Store 立花 英久

Artist Information 立花 英久

Exhibition Scenery

Current Exhibition

西浦裕太 | scenes

2021.9.18 sat. - 9.26 sun.

西浦裕太 | scenes

【遠い山の向こうで打ち上がった夜空の大輪は カイの憧れを照らし 勇気を祝った】 西浦裕太さんの木彫作品は、デジャブに導かれるかの世界観を持っています。 『風景』というキーワードを手がかりに…

Next Exhibition

Archives