Exhibition

2018.8.17 fri. - 8.26 sun.

有永 浩太 展

有永 浩太 展

有永浩太さんは、「レースガラス」というベネチアングラスの技法に着想を得て、独特な表情を持つガラス器を作り続けています。

透けるような薄い布の質感を持つ『gaze』というシリーズは、ガラスが織物のように、光によって色々な表情を見せてくれます。

そして今回新たに加わった『netz』シリーズ。それは「網」という意味で、絡まり合った糸で柔らかく器の中の空間を包むイメージです。パーツの使い方の違いで表情を変えるという、高度なテクニックを持つ有永さんならではの作品作りです。

もともと、シルクロードの歴史や文献に興味があったという有永さん。「糸を取り出すようにガラスを伸ばし、手間をかけた独自の工程を経ることで、瞬間的に作られる吹きガラスの中に、糸によって構成される『時間』を内包できればと考えています」と。

サボア・ヴィーブルでの個展では、手の込んだシリーズで作品構成。今回は「netz」の花器をはじめ、「gaze」の酒器や脚付きグラスが出品されます。見応えのある有永さんの個展です。

Online Store 有永 浩太

Artist Information 有永 浩太

Exhibition Scenery

  • netz
  • 羅布文浅鉢ー墨金ー
  • 羅ゴブレット
  • 羅文花器ー墨金ー
  • ロックグラスほか
  • netz
  • netz
  • netz

Current Exhibition

大平 和正 「風還元/茶碗」自選十碗 展
“茶碗という彫刻” 「荒々しく力強い大平氏の茶碗は、 手にするとき その控えめでやさしい事に一瞬たじろぎます。 そして、しだいに静寂な自然への広がりが見えて来るのが不思議でなりません。 大…

Next Exhibition

Archives