Exhibition

2018.6.29 fri. - 7.8 sun.

小川 郁子 展

小川 郁子 展

伝統技術が駆使されている工芸の美しさには、安心感があります。同時に、伝統を継承したいという作家の創作意欲を強く感じます。

小川郁子さんは、江戸切子では珍しい曲線の紋様を取り入れたり、カットを深くして、立体的で動きのある造形を試みたりと、自分ならではの表現に挑戦しています。

9年間もの間、江戸切子の第一人者に師事して修行を経験したこともあり、日本伝統工芸展には毎年入選という経歴ながら、つねに焦らず、等身大での制作姿勢も彼女の魅力の一つです。

「今回は、夏を意識して、爽やかな色合いを、、、。また会期中に七夕があるので、星を意識した五角形の文様の割付けも、初めて試みてみました」との談。人気のぐい呑や帯留も出品されます。毎回、楽しみな展覧会です。

Online Store 小川 郁子

Artist Information 小川 郁子

Exhibition Scenery

  • 被硝子切子花瓶『冬慈』オパールホワイト
  • 片口 random 矢来 金赤
  • 帯留め
  • 寸胴酒杯 あられ 藍
  • コンポート
  • 菊篭目切子浅鉢
  • 振出

Current Exhibition

大平 和正 「風還元/茶碗」自選十碗 展
“茶碗という彫刻” 「荒々しく力強い大平氏の茶碗は、 手にするとき その控えめでやさしい事に一瞬たじろぎます。 そして、しだいに静寂な自然への広がりが見えて来るのが不思議でなりません。 大…

Next Exhibition

Archives