Exhibition

2017.8.2 wed. - 8.9 wed.

有永 浩太 展

有永 浩太 展

有永浩太さんは『ガーゼ』というシリーズで、独特な表情を持つガラス器を作り続けています。透けるような薄い布の質感を持ち、光によって色々な表情を見せてくれるそのガラスは、「レースガラス」という、ベネチアングラスの技法に着想を得ています。

もともと、シルクロードの歴史や文献に興味があった有永さん。「ガーゼとは、もとは中近東で生まれた絹布の名称です。糸を取り出すようにガラスを伸ばし、撚糸のように束ね、線を重ね面を覆う、、、という、手間をかけた工程を経ることで、瞬間的に作られる吹きガラスの中に、織物の持つ『時間』を内包できればと考えています」と。

白、黒が基調のモノトーンが印象的だった有永さんですが、今回の個展ではピンク、ブルーなどの色が作品に加わります。「今までは織物でいうと生地だったのですが、色を加えることで、より華やかな布をイメージして、広がりのある形のガラス器を制作しました」

サボア・ヴィーブルでの個展では、手の込んだ『ガーゼ』シリーズだけで作品構成をして下さいます。昨年に引き続き、見応えのある有永さんの個展です。

Online Store 有永 浩太

Artist Information 有永 浩太

Exhibition Scenery

  • gaze 羅文浅鉢
  • gaze 羅ゴブレット
  • gaze 羅文杯 黒墨金
  • gaze bottle
  • gaze bottle
  • gaze bottle
  • ミニカップ
  • gaze ワイン
  • ミニカップ

Current Exhibition

西山雪 展 「ふゆのしらせ」

2021.11.27 sat. - 12.5 sun.

西山雪 展 「ふゆのしらせ」

初雪を知らせる雪虫の舞う秋の空。 草木は黄や紅に染まり、 木の実や野葡萄があぜ道を彩る。 色彩豊かな野山の景色から白い世界へ、 季節の移ろいを描きました。 北海道の自然環境を全身に浴びな…

Next Exhibition

Archives