Exhibition

2017.8.2 wed. - 8.9 wed.

有永 浩太 展

有永 浩太 展

有永浩太さんは『ガーゼ』というシリーズで、独特な表情を持つガラス器を作り続けています。透けるような薄い布の質感を持ち、光によって色々な表情を見せてくれるそのガラスは、「レースガラス」という、ベネチアングラスの技法に着想を得ています。

もともと、シルクロードの歴史や文献に興味があった有永さん。「ガーゼとは、もとは中近東で生まれた絹布の名称です。糸を取り出すようにガラスを伸ばし、撚糸のように束ね、線を重ね面を覆う、、、という、手間をかけた工程を経ることで、瞬間的に作られる吹きガラスの中に、織物の持つ『時間』を内包できればと考えています」と。

白、黒が基調のモノトーンが印象的だった有永さんですが、今回の個展ではピンク、ブルーなどの色が作品に加わります。「今までは織物でいうと生地だったのですが、色を加えることで、より華やかな布をイメージして、広がりのある形のガラス器を制作しました」

サボア・ヴィーブルでの個展では、手の込んだ『ガーゼ』シリーズだけで作品構成をして下さいます。昨年に引き続き、見応えのある有永さんの個展です。

Online Store 有永 浩太

Artist Information 有永 浩太

Exhibition Scenery

  • gaze 羅文浅鉢
  • gaze 羅ゴブレット
  • gaze 羅文杯 黒墨金
  • gaze bottle
  • gaze bottle
  • gaze bottle
  • ミニカップ
  • gaze ワイン
  • ミニカップ

Current Exhibition

Savoir Vivre selection | ガラス酒器展 
コロナ感染拡大防止を受け、今回のガラスの酒器展はオンライン開催とさせていただきます。 日程 : 8月8日(月)~8月24日(水) 出品作家 : 有永浩太 小川郁子 木越あい 中野幹子 西山雪 …

Next Exhibition

Archives