Exhibition

2012.4.11 wed. - 4.19 thu.

「Only Too Mari」 Mari Manabe Exhibition

20120411manabeDM.jpg


2012.4.11 [wed.] – 4.19 [thu.]
真鍋麻里さんは、稀なる表現ルーツを持っているようです。
作品のテーマ、色使い、素材の選択など、プリミティブで「生き物」のエネルギーに満ちています。
それらを所有することは、まるで「お守り」を持っているような感覚になりそうです。
麻里さんのもの作りのきっかけは、イタリアの陶器との出会いだったそうです。
「同じ気持ちの器があると思って、自分も作ってみたくなりました。絵付けを習うことから始めたのですが、どうしても気持ちが平面から飛び出してしまい、立体も作るようになりました」と。
麻里さんは、外国を旅をして手に入れた布類や小物、身の周りにあるものを惜しげなく作品につぎ込みます。
なんの規制も持たず、ポジティブに、作品に感情移入していきます。
「制作しているときの動物たちは、私の話し相手です。なんでも聞いてくれ、癒してくれます。自然界にまさる色合いやフォルムはない、、、とも思っています」
『答えなんかはない! という考えです』と、言い切る麻里さん。
「こんな時代だからこそ、“楽しい”“幸せ”という気持ちを共有して欲しい」とのメッセージも。
ブローチやネックレス、立体オブジェや壁の作品など、どれもこれも果てしなくmariさんワールドです。
真鍋さんHP

Current Exhibition

西浦裕太 | scenes

2021.9.18 sat. - 9.26 sun.

西浦裕太 | scenes

【遠い山の向こうで打ち上がった夜空の大輪は カイの憧れを照らし 勇気を祝った】 西浦裕太さんの木彫作品は、デジャブに導かれるかの世界観を持っています。 『風景』というキーワードを手がかりに…

Next Exhibition

Archives