Exhibition

2017.4.28 fri. - 5.7 sun.

鎌田 克慈 展

鎌田 克慈 展

碧海の色。波のうねりのフォルムに、深い青色をのせて。夜の落ち着いた時間に似合う新しい器が出来上がりました。


「乾漆」とは“阿修羅像”に代表される技法ですが、、、。型に麻布を貼り重ね、漆で固めていくというやり方なので、最終のフォルムは自分の意図するところとなります。そんなことから自由な造形を楽しむオブジェ作家が多い中、鎌田克慈さんは使うための器の制作に取り組んでいます。

旧くから伝え残された乾漆の器が少ないため、独自の試行錯誤の中、こだわりを持って制作を続けています。

「今回は青い漆器に挑戦してみました。焼き物では呉須やルリ釉など、青い器は一般的で料理が映える色です。自分は海の色にこだわった『碧』に挑戦してみました」と。
サーファーでもある鎌田さんは、海が近いということで今の場所に移り住んだ程。今までに制作してきた『うねりシリーズ』も海のうねりが原点だそうです。

有機的で心地よい納まりを狙って、フォルムの基となる原型は自ら陶器で作る鎌田さん。展覧会では毎回、新しい試みで臨んでくれます。
今回は大好きな海から生まれた、波のうねりと紺碧の碧色を持つ新作の漆器が楽しみです。

Online Store 鎌田 克慈

Artist Information 鎌田 克慈

Official Site 鎌田 克慈

Exhibition Scenery

Current Exhibition

大平 和正 「風還元/茶碗」自選十碗 展
“茶碗という彫刻” 「荒々しく力強い大平氏の茶碗は、 手にするとき その控えめでやさしい事に一瞬たじろぎます。 そして、しだいに静寂な自然への広がりが見えて来るのが不思議でなりません。 大…

Next Exhibition

Archives