Exhibition

2017.1.20 fri. - 1.29 sun.

Nukuiro パシュミナと刺繍 展

Nukuiro パシュミナと刺繍 展

“手仕事のぬくもりと豊かな色彩”を意味するnukuiro「温い+色」

ブランドディレクターである渋谷聡子さんは、100年以上も変らぬ制作風景の中、粛々と伝統を守り続けるパシュミナショール職人達の手仕事を日本に 紹介しています。
インドの伝統美に日本の心をプラスして、、。

インドに行き始めて7年。
縁あってこの2年間、彼女が関わっているインド、カシミール州スリナガルの地は、イスラム文化の息づくノスタルジックな街並みと雄大な自然あふれる景勝地です。しかしながら、政情不安の続く不遇の地でもあるそうです。
パシュミナ職人の伝統的な手仕事が日本の誰かの手元に届く事は、彼らの喜びとやり甲斐につながる事を信じ、また、nukuiroを通じ、カシミール文化継承の一助となる事を願って、渋谷さんは日本とインドを行き来しています。

今回の展覧会では、手紡ぎ,手織り,手刺繍を誇るパシュミナのストール、ショールを中心に、バッグなども展示販売します。
一年がかりで制作してくれるという、オリジナルショールのオーダーも承ります。

Online Store nukuiro

Artist Information nukuiro

Exhibition Scenery

Current Exhibition

大平 和正 「風還元/茶碗」自選十碗 展
“茶碗という彫刻” 「荒々しく力強い大平氏の茶碗は、 手にするとき その控えめでやさしい事に一瞬たじろぎます。 そして、しだいに静寂な自然への広がりが見えて来るのが不思議でなりません。 大…

Next Exhibition

Archives