Exhibition

2010.8.28 sat. - 9.7 tue.

工藤 和彦 展/Kazuhiko Kudo 陶器

kudoinfoDM.jpg


2010.8.28 [sat.] – 9.7[tue.]
工藤和彦さんの陶器は、粉引の仕上げながら軽く丈夫で、おまけに醤油などが染みる心配がありません。
自ら掘ったきめの細かい原土を、ぎりぎりまでしっかり焼くことで、この安心感のある硬い質感が得られるそうです。もちろん釉薬の灰も自分で作ります。 また、蹴ろくろでひとつひとつていねいに成形されたフォルムは、“気負い”や“てらい”のない、使いやすい器です。
「最近、焼き物としての土の質感にこだわりがあります。モノとしての存在感、匂いたつような風情など。視覚的な印象だけではない、永い伝統のなかで培われた土もの特有の魅力をしみじみ感じます」と。
作陶生活の一方で、N.P.O.活動として、知的障害者との関わりやアウトサイダーアート展の開催にも多大なエネルギーを注いでいる工藤さん。
ここにきて改めて、自らがモノを生み出すという意味合いを、自分の時間軸として捕らえ始めたようです。
「淡々とした制作のなかで、将来に繋がるようなものが作れたらいいなと思います。自分に飽きないように居たいです」
薪窯での制作も可能になり、いろいろな試みも始まっているそうです。
今回の個展では、盛り込みに使う八寸の鉢、皿のバリエーションにひと工夫とのことですが、もちろんいつもの日常使いの器が多々揃います。
ストアコラムのカテゴリー『つくる・人』  ぜひご覧下さい

Online Store 工藤 和彦

Artist Information 工藤 和彦

Official Site 工藤 和彦

Current Exhibition

西山雪 展 「ふゆのしらせ」

2021.11.27 sat. - 12.5 sun.

西山雪 展 「ふゆのしらせ」

初雪を知らせる雪虫の舞う秋の空。 草木は黄や紅に染まり、 木の実や野葡萄があぜ道を彩る。 色彩豊かな野山の景色から白い世界へ、 季節の移ろいを描きました。 北海道の自然環境を全身に浴びな…

Next Exhibition

Archives