Exhibition

2009.7.17 fri. - 7.26 sun.

片山 亜紀 展/Aki Katayama 陶器

09katayama-info-dm.jpg


規則性のない流れに漂うような、縞の文様。
居心地の良い納まりを保っている、やわらかな歪み。
片山亜紀さんが生み出す陶作品の表情は、年月を重ねた
大自然の片鱗を想わせます。
年代を重ねた地層、風化した石の質感、何年も眠っている
海底の貝や珊瑚の様など。
恵まれた自然環境で育った記憶の断片が、片山さんの
美意識の原点となっているようです。
色合いや文様を計算に入れて、何層も重ねた土の塊から
意図したカタチをくり抜き、更に磨いて凹凸の表情をつけて・・・。
“積層刳貫手”という途方もなく手をかけて、作られる独自の技法
ですが、わざとらしさのない、洒落た印象の作品です。
今回の個展では、ロクロ成形の器が加わります。
「3年振りにロクロをやってみたら、とても楽しかったです。
夏という季節を意識してさわやかな、涼やかな色調の
食器を作ってみました」と。
飯椀、湯呑、皿類など、展覧会での出品は初めてです。
ストアコラムのカテゴリー『つくる・人』をぜひご覧下さい

Online Store 片山 亜紀

Artist Information 片山 亜紀

Current Exhibition

犀ノ音窯  北野敏一 うつわ展

2022.5.14 sat. - 5.22 sun.

犀ノ音窯 北野敏一 うつわ展

多くの陶芸作家が「古染付、古伊万里の写し」を手がけています。それぞれの絵付けには、それぞれのお人柄が偲ばれます。 北野敏一さんの描く一筆一筆は、ゆっくりと一生懸命です。そして押しつけがましなく、…

Next Exhibition

Archives