Exhibition

2009.3.12 thu. - 3.19 thu.

寺門 広気 展/Koki Terakado 陶器

09terakadoinfoweb.jpg


2009.3.12 [thu.] – 3.19 [thu.]
洋画家のスケッチに、軽く彩色された印象の絵付けです。
メッセージ性のあるモティーフや文字も、器の絵柄として自然に溶け込んでいます。
寺門さんは、彫刻出身ということもあって、ご自分の世界観が確立されています。陶芸は、やりたいことがすぐカタチになり、思いついた絵を瞬時に描けるという、フットワークの良さが性にあったようで、10年程前から、この道に。
仏陀に感心が深く、毎年、タイ、ラオス、インドなどを一ヶ月くらいかけて旅します。
“西洋人が意識する東洋”にも興味があり、禅の言葉を英文字にして器に描いたりもします。
「食べることは、生きていく上でとても近くて大切なことです。食事の道具としての“器”を創ることに日々係わりながら、生き方のメッセージもちょっと盛り込んでみたいと思っています」と。
「自分がこれを欲しいかどうか?」という自問自答を繰り返しながら、器創りを続けているアーティストです。
今回の個展では、ロクロ成形にも意識的に挑戦。
「うまいというより、自分の手なりで、、、」と、楽しんで制作しているそうです。
「“美術”という観点で、自分の世界観を出してみたい」と、今後の抱負を話してくださった寺門さん。
素材を限定せず、得意の絵にメッセージを託して、ますます発信していきたいそうです。

Current Exhibition

結城美栄子 展  |  Present

2021.10.16 sat. - 10.24 sun.

結城美栄子 展 | Present

ストップモーションのように、 気配や表情を一瞬にして切り取ったかのような結城美栄子さんの陶作品。 喜び、憂いなど、押し殺された表情に、 つい自分の感情を重ね合わせたり、、、。 言葉を持たな…

Next Exhibition

Archives