Exhibition

2008.8.30 sat. - 9.7 sun.

星野 佳世子 展/Kayoko Hoshino 陶器

08Hoshinoinfoweb.jpg


2008.8.30 sat. – 9.7 sun.
「立体を構成するという彫刻的な行為で制作しています」という言葉通り、“外側と内側”という空間を意識した星野さんの作品は、彫刻に近い表現です。
「美術というものと無縁に過ごしていましたが、21歳の時勤めた会社が陶芸関係で、この道に入りました。その後独立し、子育てが終わった頃、自分独自のモノを創りたいという意識にかられ、今の作風が生まれました」
シャープな刃物で意図的にカットしたような、硬質な印象がある陶器です。
まず、柔らかい土の塊を、細い針金で狙ったフォルムにカットし、金属ヤスリのエッジを駆使し細かいプリーツ状のマチエールを施し、刳り貫きながら立体を構成していきます。この不思議な質感とフォルムは、海外でも高い評価を受けています。
「子育て時代も星野工房の器作りにたずさわり、焼き物から離れずにいたおかげで今があると思っています。自分のペースで、自分に合ったモノを、長く創り続けていけることは、とても幸せだと思っています」と、謙虚に心境を語ってくださいました。
日本での発表の機会は少ないのですが、今回の個展に向けて、いろいろ新しい試みにも挑戦してくださっています。
今までの焼き締めのグレー土に加え、黒化粧に銀彩を施した新作も出品されます。
そして、掛け花、蓋物、一輪挿しなどの小物も洒落ています。
海外も含め、作品に対する反応やコミュニケーションを励みに、たんたんと制作を続けているアーティストです。

Current Exhibition

結城美栄子 展  |  Present

2021.10.16 sat. - 10.24 sun.

結城美栄子 展 | Present

ストップモーションのように、 気配や表情を一瞬にして切り取ったかのような結城美栄子さんの陶作品。 喜び、憂いなど、押し殺された表情に、 つい自分の感情を重ね合わせたり、、、。 言葉を持たな…

Next Exhibition

Archives