Exhibition

2008.8.7 thu. - 8.19 tue.

大迫 友紀 展/Yuki Osako ガラス

08osakoyukiinfoweb.jpg


2008.8.7 [thu] ―  8.19 [tue]
夏休み 8.11 [mon] -8.15 [fri]
会期中夏休みが入りますのでご了承下さい。
「ガラスを削っていく作業は、出来上がりをコントロールできるので、自分の性に合っています」と、大迫友紀さん。
武蔵野美術大学在学中は、陶芸を専攻していたとのこと。
「表面のテクスチュアーを塗り重ねる程に、前の質感が消えてしまう陶芸に満足がいきませんでした。外から透けてみえるガラスだったら、制作上の重なりが、奥行きとして効果的に表現できるのでは、、、と、ガラスの素材に転向しました」
東京育ちの大迫さんにとって、金沢の幻想的な雪景色は、制作の上で大きな触発の要素だったようです。
「無意識に感じている光や風景など、空気の中に漂っているものを、ガラスという素材を通して表現したいです」と、話してくださいました。
日常使ってもらえるモノを作りたい、、、
ふっと手にとってもらえるモノを作りたい、、、
そんな気持ちがより高まっているのでしょう。
今までのキリムワークの技法では、皿類が主体でした。
今回の個展では、宙吹きの技法にも挑戦。仕上げにカットを加えた、新作のコップ、小鉢、ぐい呑みなど、立ちモノの器も加わります。
1979年生まれ。28歳。
昨年のサボア・ヴィーブル初個展をきっかけに、改めてガラス作家としての意欲に燃えている大迫さん。
“手を抜かない、ていねいな仕事と、時代性に合ったセンス”を持ち合わせた、楽しみなガラス作家です。
ストアコラムのカテゴリー『つくる・人』  ぜひご覧下さい

Current Exhibition

結城美栄子 展  |  Present

2021.10.16 sat. - 10.24 sun.

結城美栄子 展 | Present

ストップモーションのように、 気配や表情を一瞬にして切り取ったかのような結城美栄子さんの陶作品。 喜び、憂いなど、押し殺された表情に、 つい自分の感情を重ね合わせたり、、、。 言葉を持たな…

Next Exhibition

Archives