Exhibition

2008.7.1 tue. - 7.8 tue.

サブロウ 展/Saburo ガラス

08sabuinfoweb2.jpg


2008.7.1 [tue] – 7.8 [tue]
琵琶湖畔で育ったからでしょうか。二つと同じ表情を見せない「水」は、サブロウさんにとってガラス制作の上での原点であり、テーマでもあるようです。
また、一方で「地殻の半分以上を占めるガラスの原料に意味を感じ、日常使いの器にも、アート性や潤いを感じてもらえるものを提案したいと思い、ひとつひとつの制作行為を大切にモノ作りをしています」と、話してくださいました。
サブロウさんの制作工程は、まず板ガラス作りから始まります。それを細かいパーツに切り分け、デザインして並べたり、隙間に色ガラスの粉を詰めたりし、溶着して仕上げます。その後、カットを施したりと、華飾を加えることもあります。
前回の白黒シリーズに加え、今年の個展での新作は、レトロ感のある色合いがテーマだそうです。
「ガラス業界が不況で、昔ながらの職人さんが支えていた小さな工場が、軒並み無くなっています。それがとても寂しく、昭和初期にあったような、レトロで懐かしい色合いのガラス器を作ってみました」と。
緑色、飴色、黄土色など、昔あったような懐かしい色合いのガラス器。
「今まで作っていた白黒シリーズに加えて、食卓に彩りを添えてほしい、、、」
新作のガラス器も、ご期待ください。

Current Exhibition

結城美栄子 展  |  Present

2021.10.16 sat. - 10.24 sun.

結城美栄子 展 | Present

ストップモーションのように、 気配や表情を一瞬にして切り取ったかのような結城美栄子さんの陶作品。 喜び、憂いなど、押し殺された表情に、 つい自分の感情を重ね合わせたり、、、。 言葉を持たな…

Next Exhibition

Archives