Exhibition

2008.6.12 thu. - 6.19 thu.

細見 博子 展/Hiroko Hosomi 金属・ガラス

08hosomiinfoweb.jpg


2008.6.12 [thu] – 6.19 [thu]
摩訶不思議な世界ですが、滑稽です。
ガラスと金属から出来ている動物たちは、一体が20~40センチと比較的大きく、観る側はまるでペットショップでペットを選ぶときと同じ視線。
“私を呼んでいるみたい”とか、“しぐさがたまらない”とか、思わず感情移入してしまいます。
細見さんの制作過程は、まず『吹きガラス』と、ガラスの塊を溶かして形成する『ソリットワーク』でガラスのパーツを作ります。それに、溶けた錫と鉛の合金で作ったパーツを、ハンダごてなどを使ってさらに付け加え、立体に仕上げていきます。
制作過程では、素材は常に溶けていて熱いため、直接手を触れることなく、空中で仕上げられるのですが、それぞれの動物の感情の機微が、関節、指先に至るまで、高度なテクニックで表現されています。
「動物は大好きだけど、触れない」という細見さんに、そのルーツをみる想いです。
彼女が住んでいる岡山は、サギが多く、普通に道路を歩いていたりするそうです。
「いつも同じ場所で出会うサギがいて、ずっと観察していたらザリガニを食べていました。サギも多いので、ザリガニも多く、このハサミを赤いガラスで創ってみたら面白いかな?と思って、、、。創ってみたら、なんとザリガニのハサミは、Peaceだったんです!」
今まで手がけた動物は、カエル、金魚、ニワトリ、カッパ、ミツバチ、ネズミなど。
そして今回の個展ではザリガニと。
「それぞれの動物同士の係わり合いも含めて、平和的な物語が伝われば、、、と思っています。絵本の立体バージョンを創りたいのです」と細見さん。
副題の『我的楽園』が、まさに細見さんのテーマのようです。

Online Store 細見 博子

Artist Information 細見 博子

Official Site 細見 博子

Current Exhibition

結城美栄子 展  |  Present

2021.10.16 sat. - 10.24 sun.

結城美栄子 展 | Present

ストップモーションのように、 気配や表情を一瞬にして切り取ったかのような結城美栄子さんの陶作品。 喜び、憂いなど、押し殺された表情に、 つい自分の感情を重ね合わせたり、、、。 言葉を持たな…

Next Exhibition

Archives