Exhibition

2008.6.3 tue. - 6.10 tue.

福西 毅 展/Takeshi Fukunishi ガラス

08fukunisiinfoweb.jpg


2008.6.3 [tue] – 6.10 [tue]
独りそこに存在していたかのような幻想的な美しさ、触れることを拒否するかのような、あやうい緊張感など、福西さんの作品は『孤高』ということばが似合います。
ガラス工芸にも、多くのテクニックが存在します。
福西さんは、先人が駆使して成し得た技法を、制作上の手段としていくつも取り入れています。
狙ったフォルムや色合いは、彼の卓越した確かな技法に支えられ、幾重もの工程を経て完成に至っています。
大学時代は、金属で大きなオブジェを創っていたという福西さん。
「ガラスは、他の素材を知っていればいるほど、造形の可能性が広がる面白い素材です」と、その魅力を語ってくださいました。
山登りが好きで、自然現象をテーマにしたシリーズ“Life”
クラシック音楽との出会い、愛好から生まれたシリーズ“風奏”
そして、4回目となる今回のテーマは“Passage”
小路、通路などの意味ですが、楽曲などの一節の意も。
掛け花など、今までの延長線上での新作がそろいます。

Current Exhibition

結城美栄子 展  |  Present

2021.10.16 sat. - 10.24 sun.

結城美栄子 展 | Present

ストップモーションのように、 気配や表情を一瞬にして切り取ったかのような結城美栄子さんの陶作品。 喜び、憂いなど、押し殺された表情に、 つい自分の感情を重ね合わせたり、、、。 言葉を持たな…

Next Exhibition

Archives