Exhibition

2016.3.4 fri. - 3.13 sun.

植葉 香澄 展

植葉 香澄 展

ルーツが異なる、象徴的な文化がミックスされた密度の高い絵付け。得体の知れない動物にも似た、ユニークなフォルム。植葉香澄さんは『キメラ』というシリーズで、一連の陶芸作品を制作し続けています。『キメラ』とは、ギリシャ神話に登場する複合動物。あり得ない組み合わせということから「不可解な夢」「不可解な幻想」を表すこともあるそうです。

友禅の絵師だった祖父のもとに育ったという、植葉さんの境遇も影響しているのでしょう。装飾過多にもかかわらず、混在した文化には不思議な懐かしさがあり、居心地の悪さを感じることがありません。陶芸という伝統的な技術を基本に、アーティストとしての自由な表現能力を得て、気持良く楽しく制作をしている気分が伝わってくる作品です。

「今回は、薪で焼いた白い土や粉引の生地に絵付をしてみました。均一な表情の磁器とは全く違う土の感触を感じながら、時に残したい土味は余白にしたり、、、。今までとは違う想いで制作が出来、楽しかったです」と。

装飾品として充分に満足できる作品ですが、酒器、香炉、茶碗、水差しなど機能も備わっています。新たな趣の植葉さんの作品展。大いに楽しみです。

Online Store 植葉 香澄

Artist Information 植葉 香澄

Exhibition Scenery

  • YMB206 キメラ リボン文
  • YMB201 キメラ 三尾のゾウ
  • タトゥー文ぐいのみ
  • YMB210  宝紋水差し
  • キメラ碗 菊から草
  • YMB209 丸文木馬(キャンドル立て)
  • YMB205 キメラ コマ犬型

Current Exhibition

西浦裕太 | scenes

2021.9.18 sat. - 9.26 sun.

西浦裕太 | scenes

【遠い山の向こうで打ち上がった夜空の大輪は カイの憧れを照らし 勇気を祝った】 西浦裕太さんの木彫作品は、デジャブに導かれるかの世界観を持っています。 『風景』というキーワードを手がかりに…

Next Exhibition

Archives