Exhibition

2007.6.18 mon. - 6.25 mon.

小川甚八 展/Jinpachi Ogawa 陶器

2007-6-18ogawainfoweb.jpg


2007.6.18 [mon] – 6.25 [mon]
“急須は、お茶をおいしく入れるための道具”という信念のもと、30年余りもの長い間、急須作りに情熱を持ち続けている陶芸家です。
甚八さん曰く、“お茶がおいしく入る急須を音でイメージすると、スーゥ、ギュッ、フワフワフワー”とのこと。
銅抜きの茶こしの部分から注ぎ口までの、たった3センチあるかないかという短い部分に集中し、気を使って制作するそうです。
茶こしまで流れてきた茶汁が、スーゥとそしてギュッと濾され、フワフワフワーと、すこし嫌々加減で茶が注がれる急須が、おいしいお茶を楽しめる道具という考えに、現在至っています。
30余年、同じことを二度とやらないよう、常に新しいことを試行錯誤してきた日々。
成功も失敗も含め、経験や判断を積み重ねることで“読み”という熟練者特有の五感が備わっていくのでしょう。
“急須だけの作陶だと、重箱の隅をつつくように、どんどん視野が狭くなって本質がわからなくなるので、器などいろいろなものも作っています”と。
サボア・ヴィーブルも共に、30年近いお付き合いになります。“急須の甚八”と言われ続けている陶芸家の個展です。
小川甚八ホームページ
●サボア・ヴィーブル のOnline shop に於いて 小川甚八 作 急須、土瓶の同時販売をしております。
●このページのトップから、Online shop をクリックして下さい。12点の新作がお求めいただけます。
●尚、ギャラリーでの販売も同時に行っております。

Current Exhibition

結城美栄子 展  |  Present

2021.10.16 sat. - 10.24 sun.

結城美栄子 展 | Present

ストップモーションのように、 気配や表情を一瞬にして切り取ったかのような結城美栄子さんの陶作品。 喜び、憂いなど、押し殺された表情に、 つい自分の感情を重ね合わせたり、、、。 言葉を持たな…

Next Exhibition

Archives