Exhibition

2006.10.3 tue. - 10.10 tue.

平川 鐵雄 展/Tetsuo Hirakawa 陶器

2006hirakawaDMweb.jpg


2006.10.3 [tue] – 10.10 [tue]
福島、伊豆、瀬戸など、平川さんの仕事はトラックで土を採集することから始まります。もちろん釉薬となる灰や砕いた鉱石など、すべて自分で作ります。
また、熱で焼くのではなく炎で焼くことの本質を見極めようと、「土を焼く」ことへの情熱は冷めたことがありません。
均一に焼き上がる土、意図どうリに納まってくれる土を求めるのではなく、あえて自然の混ざり物や成分を多く含んだ土を、期待をもって選んでいます。
そして、手間ひまかけ「焼く」という行程を無事通り抜けたモノだけが、平川さんの作品として残っていきます。
土・釉薬・焼くという出発点に戻って、それぞれの掛け合わせの関係を選択し、仕掛け、最後は炎の神様に託してみようと。
「こんな見たこともない、ごそっとした重たい器がはたして受け入れられるのか。実際、料理が盛れるのか、、、」と、悩んだ20年程前。
今となっては他に類を見ないその器の存在感は、作家の個性として生活に取り入れられようになりました。なによりも平川さんの生き方そのままに、”在る”というふんばりと愛おしさが詰まっているからでしょうか。
毎々、自分を奮い立たせるように、新しい試みに挑戦して下さる平川さん。サボア・ヴィーブルでの個展は14回目。29年来のご縁です。共に歩んできた戦友みたいな陶芸家です。
ストアコラムのカテゴリー『つくる・人』  ぜひご覧下さい

Current Exhibition

結城美栄子 展  |  Present

2021.10.16 sat. - 10.24 sun.

結城美栄子 展 | Present

ストップモーションのように、 気配や表情を一瞬にして切り取ったかのような結城美栄子さんの陶作品。 喜び、憂いなど、押し殺された表情に、 つい自分の感情を重ね合わせたり、、、。 言葉を持たな…

Next Exhibition

Archives