Exhibition

2006.9.23 sat. - 10.1 sun.

かとう ゆめこ 展/Yumeko Kato

2006-9-23yumekoDMweb.jpg


2006.0.23 [sat] – 10.1 [sun]
”左手と右手のあいだ かとうゆめこ絵画展”
この葉書の2匹の虫。左のは絵に描いた絵虫。右のはパルプ で作ったパルプ虫。会場には、絵猫・パルプ猫、絵猿・パル プ猿も出ます。
かとうゆめこさんの作品は、常にひとりよがりにならず、かといって甘くならず、独特の世界感を持っています。
「描く」という素材選びも彼女流。
キャンバスに始まり、絵具も水彩、岩絵具や、自作の竹ペンによる墨など。
そして、昨年から始まったパルプの素材も、”表現しようとする絵の中で、パルプが絵具のひとつとして入っているということかなあ、、、”と。
1986年の初個展「喜・怒・哀・楽」をご縁に、彼女が描きたいというシグナルが鳴り始めるふしめ、ふしめに個展を開催。今年で6回目になります。
”子供にもわかるようにつくりたいと思っています。見るひとが自分なりに『わかった』と思ってくれればいいと思っています。思いがけないことを感じてくれると面白いです。『わかる』って『届く』ということかな、と思います。『届く』といいなと、願ってます”
”左手と右手のあいだ”とは、まさにその間でももあるけど、ぐるっと一回りしてしまうことでもあるとか。
彼女の作品はいつも誰かとコニュニケーションをしたがっています。

Online Store かとう ゆめこ

Artist Information かとう ゆめこ

Current Exhibition

藤井友梨香展「風の吹くほうへ」
空を読む 森を読む 光を読む すべてが書かれた美しい季節の物語に導かれるまま 自分がやりたいこと・出会ったものを大切に作っていきたいと思っています。 緻密で愛らしい有線七宝の表現を、吹き…

Next Exhibition

Archives