Exhibition

2006.5.27 sat. - 6.3 sun.

細見博子 展/Hiroko Hosomi

2006hosomiweb.jpg


2006.5.27 [sat] – 6.3 [sat]
・・・・・・・・関係・・・・・・・・・
まずは摩訶不思議な世界に引き込まれ、そしてクスっと笑ってしまいます。
ガラスと金属からできた動物たちは、一体が20〜40センチと比較的大きく、それぞれに意志と感情が吹き込まれています。
ツタなど、植物を装飾に照明器具を制作しているアーティストですが、動物は念願のモティーフだったようです。
でも具象化したいと思えば思うほど難しいテーマだったとのこと。きっかけは、エジプトのリビア砂漠に旅した時、フラワーストーンに出会ったことでした。
「蛙の背中にのせてみよう!」と思いたち、それから今の動物シリーズが始まりました。
”吹きガラス”と、ガラスの塊を溶かして形を作っていく”ソリットワーク”でガラスのパーツを作ります。それに溶けた錫と鉛の合金で作ったパーツを、ハンダごてなどを使ってさらに付け加えフィニッシュします。
パーツ制作は溶けて熱いため、直接手を触れることなく、空中で仕上げられるのですが、それぞれの動物の感情の機微が、関節・指先に至るまで、高度なテクニックで表現されています。
『動物は大好きだけど、さわれない』という細見さんに、そのルーツをみる想いです。
”カッパの背中が普通の甲羅じゃつまらないから蛙にしちゃおう、、”
”鶏のとさかが普通じゃつまらないから金魚にしちゃおう、”
と、いつも洒落た笑いを制作のかてに、面白がって作品づくりをしているアーティストです。
今回は、それぞれの”関係”の中で見えてくる動物の意志に
”笑い”あり。『細見流 鳥獣戯画』展です。
ストアコラムのカテゴリー『つくる・人』  ぜひご覧下さい

Online Store 細見 博子

Artist Information 細見 博子

Official Site 細見 博子

Current Exhibition

結城美栄子 展  |  Present

2021.10.16 sat. - 10.24 sun.

結城美栄子 展 | Present

ストップモーションのように、 気配や表情を一瞬にして切り取ったかのような結城美栄子さんの陶作品。 喜び、憂いなど、押し殺された表情に、 つい自分の感情を重ね合わせたり、、、。 言葉を持たな…

Next Exhibition

Archives