Exhibition

2006.4.25 tue. - 5.1 mon.

栄森文枝 展/Fumie Eimori 陶器

eimoriDMweb.jpg


2006.4.25 [tue] – 5.1 [mon]
花・の・器
なにしろ,花が大好きです。
華道というジャンルではなく、咲いている「花そのもの」が大好きなのです。1輪、2輪、それぞれの花の可憐さが、見た人の目にダイレクトに伝わるようにと『花の器』を作り続けている陶芸家です。
花が収まりやすいよう、口もとを小さくした花器、きれいな向きを保つための花止めなど、細かい配慮がされています。
昨年結婚。北海道から千葉に移り住み、新たな気分と環境での個展開催です。
サボア・ヴィーブルの個展が縁で、2002年・2003年とバン・ロム・サイに2回滞在。H.I.V.感染孤児たちと陶芸を介してのボランティア活動に参加し、アンダー・ザ・ツリー展で子供たちとのコラボレーションによる作品を発表しました。
今年は原点に戻って、今まで制作した「花の器」の集大成だそうです。会期中、毎日のようにお花屋さんを巡り、会場で花を生けている栄森さんの姿が今から目に浮かびます。

Current Exhibition

犀ノ音窯  北野敏一 うつわ展

2022.5.14 sat. - 5.22 sun.

犀ノ音窯 北野敏一 うつわ展

多くの陶芸作家が「古染付、古伊万里の写し」を手がけています。それぞれの絵付けには、それぞれのお人柄が偲ばれます。 北野敏一さんの描く一筆一筆は、ゆっくりと一生懸命です。そして押しつけがましなく、…

Next Exhibition

Archives