Exhibition

2006.3.4 sat. - 3.11 sat.

古川章蔵 展/Shouzou Furukawa 磁器

2006-3-4furukawaDMweb.jpg


2006.3.4 [sat] – 3.11 [sat]
古川章蔵の磁器
サボア・ヴィーブル開店当初から27年の歳月を、ずっとご
一緒したご縁の深い陶芸家です。
歴史的に見て、茶道の文化に多くを影響された日本人にとって、こと陶芸に関しては、潜在的に根ずいた愛好心のD.N.A.があるように思います。
そんな中、磁器の器というと古伊万里、古染、李朝の写しが当たり前だった時代『今までになかった器』という観点で、オリジナリティーを求め、創作に奮闘していた作家の一人が古川章蔵さんです。
丸や角など見慣れた形の器しかなかった当時、形状にとらわれない不定形にポロック紋(現代アーティストのジャクソンポロック風)、デタラメ紋、そして、釉薬を流した仕上げの色絵など。
グラッフィク的な文様、自由な色使いながら、余白との絶妙なバランスの器は、料理を盛リ付ける時のクリエィティブな気分を誘い、使う側の想像力をもかきたてられました。
久し振りの個展です。
59歳。今までの仕事の集大成を自らも確認する時なのでしょうか。
『陶芸界のピカソ!』と賞賛された独創性溢れる才能の、成熟した器に期待します。

Current Exhibition

犀ノ音窯  北野敏一 うつわ展

2022.5.14 sat. - 5.22 sun.

犀ノ音窯 北野敏一 うつわ展

多くの陶芸作家が「古染付、古伊万里の写し」を手がけています。それぞれの絵付けには、それぞれのお人柄が偲ばれます。 北野敏一さんの描く一筆一筆は、ゆっくりと一生懸命です。そして押しつけがましなく、…

Next Exhibition

Archives