Exhibition

2005.9.27 tue. - 10.4 tue.

福西 毅 展/ Takeshi Fukunishi ガラス

2005-9-27fukunishi DMweb.jpg


2005.9.27 [tue] – 10.4 [tue]
古代ガラスのような不透明な質感と、緊張感あるあやういフォルム。
作る側なら,つい消したくなるキャスティングのバリをそのまま残し、「えっ?」と見る側を引き込むフィニッシュの妙。
オブジェとしても充分見応えがありますが、生の花を添えたみずみずしい変身もみてみたい作品です。
また、機能とアート性がぎりぎり背中合わせになった皿類も、複雑な手の込んだ技術で制作されています。料理を盛って演出したい、挑戦の気持ちが湧いてきます。
一方で、アメリカの工芸学校でイタリアのマエストロに吹きガラスを学び、使うグラスとしての機能、デザイン、技術も抜きん出るものがあります。
作品表現のイメージとテクニックが両立し、今後もますます楽しみなアーティストです。
東京での初個展を、サボア・ヴィーブルで実現できることになりました。
ぜひ会場で、じかに眼にしてみて下さい。
*9カットの写真画面をクリックすると、拡大されます。
詳細等お問い合わせ下さい。また、メールオーダーも可能です。

Current Exhibition

藤井友梨香展「風の吹くほうへ」
空を読む 森を読む 光を読む すべてが書かれた美しい季節の物語に導かれるまま 自分がやりたいこと・出会ったものを大切に作っていきたいと思っています。 緻密で愛らしい有線七宝の表現を、吹き…

Next Exhibition

Archives