Exhibition

2014.12.10 wed. - 12.17 wed.

若林 幸恵 展

若林 幸恵 展

硬い栗の木を手で刳り貫いたという、、、有機的で力強いフォルムの拭漆の蓋物との出会いが、若林幸恵さんとのご縁でした。すぐには使い方も思い浮かばない漆器だけれど、素通りできない存在感がありました。

「ゼロから形を作ることが好きです」と言い切る若林さん。東京藝術大学漆芸科在籍時代は、木彫もやっていたそうです。「かつて、博物館で縄文時代の『木杓子』を見た時、時を超えても生き続けるパワーに感動しました。また泥臭いプリミティブな造形から、木を彫った人のエネルギーが伝わってきました」

「私は不器用なので、、、」を繰り返す若林さんですが、手刳りはもちろん、木工轆轤もできるだけ自分で手がけています。「最近になって、『私が手を下したからこの形になるんだ』という意識で制作している自分を感じ始めています」と。

手刳りの作品は、蓋物、大皿、カップ、舟形鉢など。轆轤の作品は、漆絵椀、皿などが出品されます。サボア・ヴィーブルでは初めての展覧会。若林さんもエネルギッシュに制作して下さっています。楽しみです。

Online Store 若林 幸恵

Artist Information 若林 幸恵

Exhibition Scenery

Current Exhibition

犀ノ音窯  北野敏一 うつわ展

2022.5.14 sat. - 5.22 sun.

犀ノ音窯 北野敏一 うつわ展

多くの陶芸作家が「古染付、古伊万里の写し」を手がけています。それぞれの絵付けには、それぞれのお人柄が偲ばれます。 北野敏一さんの描く一筆一筆は、ゆっくりと一生懸命です。そして押しつけがましなく、…

Next Exhibition

Archives