Exhibition

2004.12.7 tue. - 12.15 wed.

出町 光識 展/Mitsunori Demachi 陶器

2004-demachi-dm.jpg
2004-demachi-045.jpg
2004-demachi-002.jpg
2004-demachi-008.jpg


2004.12.7 [tue] – 12.15 [wed]
土の柔らかさを活かし、伸びやかで気持ちの良い轆轤を引く陶芸作家です。技法や釉薬に対する探究心も強く、いろいろと挑戦しています。中でも出町さんのオリべ(かつての織部とは区別したく、あえてカタカナにしているとの事)は、透明感のある深いグリーンの色と無理のない暖かい形の噐で、とても魅力的です。今年はめずらしく加飾が施された器が加わります。
『火の神様のご機嫌』をまぬがれない土モノは毎回、窯出しはハラハラ、、、
個展前はお弟子さん始め、ご家族は出町さんのご機嫌如何にハラハラとか?!
土を焼くというこだわりもさる事ながら、今という時代や時流を見据える意識、そして自分とは? と、自問自答をくり返す、真摯な一面も出町さんらしさです。
2004-demachi-014.jpg
2004-demachi-006.jpg

Current Exhibition

西浦裕太 | scenes

2021.9.18 sat. - 9.26 sun.

西浦裕太 | scenes

【遠い山の向こうで打ち上がった夜空の大輪は カイの憧れを照らし 勇気を祝った】 西浦裕太さんの木彫作品は、デジャブに導かれるかの世界観を持っています。 『風景』というキーワードを手がかりに…

Next Exhibition

Archives