Exhibition

2013.11.26 tue. - 12.3 tue.

高間 智子・度曾 保浩 展

高間 智子・度曾 保浩 展

高間智子さんの作品は、「ここまでも、、、」と感心してしまう程、手間のかかる行程を経て完成に至っています。

顔料を加えた色泥漿を何層も繰り返し鋳込むことで、磁器の色層を作ることから始まります。そして深さを変えた彫りによって現れる色層を生かし、装飾を施していくという、なんとも気が遠くなる制作過程です。 「技術に手が慣れて行くことで、感情が薄れていかないように、、、」と、同じ技法の中でも常にステップアップしようと、真摯な努力もいとわない高間さんです。

一方、ご主人の度會保浩さん。 ステンドグラスの技法を駆使した、手の込んだ作品を制作しています。 鉛と錫の合金と無色のガラスという、質感の対比を生かしたモノトーンの世界です。

今回の展覧会では、高間さんは色釉を使った艶のある新作の器を出品。今までの無釉の質感との印象の違いも楽しめそうです。

また度會さんは蓋物や皿などの他に、サボア・ヴィーブルの展示会場を生かした平面作品も制作。 お二人のコラボレーションによる展示コーナーもあります。

Online Store 高間 智子

Artist Information 高間 智子

Artist Information 度會 保浩

Exhibition Scenery

Current Exhibition

西浦裕太 | scenes

2021.9.18 sat. - 9.26 sun.

西浦裕太 | scenes

【遠い山の向こうで打ち上がった夜空の大輪は カイの憧れを照らし 勇気を祝った】 西浦裕太さんの木彫作品は、デジャブに導かれるかの世界観を持っています。 『風景』というキーワードを手がかりに…

Next Exhibition

Archives