Exhibition

2012.11.27 tue. - 12.3 mon.

岡田 多恵 展/Tae Okada ガラス

岡田 多恵 展/Tae Okada ガラス

素材を問う以前に、作品の目新しさにドキッとします。レリーフ状に立体化された文様と複雑な色合いに、心が奪われます。そして、どこか懐かしいような気分にもさせてくれます。

岡田多恵さんは、パート・ド・ヴェールという技法を選んでガラス制作をしています。自分主体で制作できるので、性に合っていると判断したそうです。

「日本人には少しの風でも、ちょっとした変化で季節を感じとる感性があると思います。着物の図柄の季節感、祭事の縁起物の由来や祈願など、知れば知るほど面白く、とても心惹かれます」岡山に生まれ育った岡田さんは、岡山城の池田家所蔵品の能衣装や、津山藩正阿弥勝義の高肉象嵌の彫金細工に興味を持ったりと、土地の歴史や文化に触れながらの生い立ちだったようです。

「今回の作品では、よりはっきりと鮮やかな色合いを出そうと苦心しました。“薬玉”や“束ね熨斗”などをモティーフにした新作を制作しました。また若沖や広重の中で気に入っている図柄の新作も試みています」と。

楽しみな2回目の個展です。

Artist Info / 岡田多恵

Online Store 岡田 多恵

Artist Information 岡田 多恵

Exhibition Scenery

  • 木瓜豆皿
  • ぐいのみ色々1
  • ぐいのみ色々2
  • 梅にうぐいす
  • 1012展覧会
  • 薬玉
  • 桜や芍薬など
  • 猪口いろいろ
  • 金魚

Current Exhibition

藤井友梨香展「風の吹くほうへ」
空を読む 森を読む 光を読む すべてが書かれた美しい季節の物語に導かれるまま 自分がやりたいこと・出会ったものを大切に作っていきたいと思っています。 緻密で愛らしい有線七宝の表現を、吹き…

Next Exhibition

Archives