Gallery / Exhibition /

20110917takemotoDM.jpg

竹本 亜紀 展/Aki Takemoto ガラス


2011.9.17 [sat.] – 9.26 [mon.]
「ツヅレオリ」と題された竹本亜紀さんのガラス作品は、織り物の「つづれ織り」をイメージしています。
経糸と緯糸が一枚の布を織りなすように、光を透過するガラスの性質を生かし、重なり合うことで効果的に奥行きを感じることができます。
それは、色を重ねて描かれた抽象画のようでもあります。
エナメル彩で描かれたガラス板を何枚か重ね、小片にカットし、層になったモザイクガラスのパーツを再構成して仕上げます。
色調と筆のタッチを楽しみ、アート感覚で描かれたガラス板を、工芸的な技法を駆使し、手を掛けて、竹本さんならではの独自の世界を表現していきます。
「立ち上がっている造形も作りたいと思って、今回はロールアップという技法に挑戦してみました。吹きガラスのテクニックなので、今までにはなかった新しいイメージの立体作品ができました」と。
あれもこれもと、常に チャレンジャーである竹本さん。
「人がやっていないことを、、、」
「自分らしさとは、、、」
常に向上心をもって、個展を重ねてくださています。
今回も楽しみです。

竹本 亜紀 Online Store More Artist Info

Current Exhibition

Next Exhibition

矢澤 寛彰 展

矢澤 寛彰 展

2017.3.31 fri. - 4.9 sun.

平川 鐵雄 展

2017.4.14 fri. - 4.23 sun.

Exhibition Archive

Mail News

展示会のご案内をメールにて配信いたします。
ご希望の方はこちらまでお知らせください。