Gallery / Exhibition /

矢澤 寛彰 展

矢澤 寛彰 展

2017.3.31 fri. - 4.9 sun.

「強度や使い易さを重視しながらも、木の感触が感じられる、生活の道具としての漆器作りを目指しています」という、39歳の若き漆作家、矢澤寛彰さん。
生地の質感を活かすべく、木目がより印象的に残る仕上げを心がけています。時に、刀痕を施したり、より透けて見えるよう漆をあえて薄く塗ったりと。
また、ロクロだけでなく指物の生地も使い、器の種類も幅広く制作しています。

「いろいろやってみたい事がいっぱいあって、一つの事に定まらず、あれも、これもと手がけてしまいます。手をかける面白さを感じながらも、結果シンプルでありたいと思っています」と。
敷板、盆、椀、皿、ぐい呑、重ね皿などが出品されます。
「何の情報もなく、全く知らない人が、“いいな!”と手にとってもらえるような物を作りたい」という矢澤寛彰さんの漆器展です。

矢沢 寛彰 Online Store More Artist Info

Current Exhibition

立花 英久 展

立花 英久 展

2017.12.16 sat. - 12.25 mon.

Next Exhibition

濱崎 仁精 絵画展

濱崎 仁精 絵画展

2018.1.6 sat. - 1.15 mon.

Nukuiro パシュミナと刺繍 展

2018.1.19 fri. - 2.4 sun.

Exhibition Archive

Mail News

展示会のご案内をメールにて配信いたします。
ご希望の方はこちらまでお知らせください。