Gallery / Exhibition /

10sikamaruinfo.jpg

竹下 鹿丸 展/Shikamaru Takeshita 陶器


2010.7.3 [sat.] – 7.11 [sun.]
“焼き物産地”としての歴史を持つ、栃木県益子町在住。
ご両親そろって陶芸家という環境に生まれ育った竹下鹿丸さん。
しかし「我が道」で作陶に励み、感謝こそあれ二代目という意識はまったくないそうです。
32歳という若さながら、鹿丸さんが生み出す作品には、土物特有の詫びた味わいがあります。
かといって中には、シャープなフォルムの器も多々あり、若き挑戦と現代性を感じます。
「現代生活に合う器の制作に魅力を感じます。でも“茶碗”に代表されるお茶の世界にも惹かれます。両極端なことも多いけれど、感じることを大切にし、作る時にはそのギャップをなるべく意識しないよう、意図的にならないようにしています」
“益子の土にもこだわりたい”という鹿丸さん
地元の土を掘り、釉薬は自ら調合します。
“土を焼く”という自然と共存した日常は、人の力では制することのできない、手ごわい相手とのせめぎ合いの日々でもあるようです。
今回の出品作品をたずねると、、、
「磁器の焼締の器、土の焼締・織部の器、花器など。とりあえず窯に入れてあります。どれだけ採れるかはわかりませんが、、、」との回答。
全長11メートルの穴窯を埋める作品制作に約3ヶ月を要し、一週間から10日間の窯焚きを経ての窯出し。
終わりのない、土ものへの挑戦と面白味をご堪能ください。
ストアコラムのカテゴリー『つくる・人』  ぜひご覧下さい

松下 高文 Online Store More Artist Info

Current Exhibition

Next Exhibition

矢澤 寛彰 展

矢澤 寛彰 展

2017.3.31 fri. - 4.9 sun.

平川 鐵雄 展

2017.4.14 fri. - 4.23 sun.

Exhibition Archive

Mail News

展示会のご案内をメールにて配信いたします。
ご希望の方はこちらまでお知らせください。