Gallery / Exhibition /

10sanoinfoweb.jpg

佐野 はるか 展/Haruka Sano 陶器


2010.4.10 [sat.] – 4.18 [sun.]
佐野はるかさんの作品は、オブジェであれ器であれ、その一瞬と対峙しようとするアーティストとしての想いが込められていると感じます。
所有してくださる相手に失礼がないようにという作者の想いが、作品をとおしてさりげなく真摯に伝わってきます。
「かつて愛犬が死んだとき、骨壷を作ってあげました。骨になった上に芽が出てくるような感じがいいかな?と思って作った蓋物が、今の作風のもとになっています」
「摸刻をたくさんしたので、カタチが持っている法則など、有機的なラインは的確に再現できます。でも、そのままというのではなく、そのリアリティーを残しつつ、実在しないカタチを表現したいと思っています」
佐野さんにとって『土と釉薬の関係』の妙も、この仕事の面白味のようです。
“仕掛けて焼く”という焼き物としての質感と色合いにこだわり、作品それぞれに尽きることのない試行錯誤が繰り返されています。
「青年期の悩みから抜け出せたのかな? 最近、湿気たものより、乾いたもののほうが好きになりました」と、一笑する佐野さん。
とらわれることなく、自然体で制作している自分に、心地良さを感じることもあるそうです。
今回の個展では、蓋物に加え、オブジェとしての大きな作品も出品されます。
佐野はるかさん特有の世界観を感じてください。
ストアコラムのカテゴリー『つくる・人』  ぜひご覧下さい

佐野 はるか Online Store More Artist Info

Current Exhibition

「ようこそ、家」米田 文 展

「ようこそ、家」米田 文 展

2017.10.20 fri. - 10.29 sun.

Next Exhibition

水上 希望 展

水上 希望 展

2017.11.1 wed. - 11.8 wed.

岡田 多恵 展

2017.11.11 sat. - 11.19 sun.

Exhibition Archive

Mail News

展示会のご案内をメールにて配信いたします。
ご希望の方はこちらまでお知らせください。