Gallery / Exhibition /

weboktachibanadm.jpg

weboktachibanaposter.jpg
weboktachibanauzu.jpg

立花 英久 展/Hidehisa Tachibana 塑像


2009.5.16 [sat.] – 5.24 [sun.]
さよならさよならきみの僕
― レアリテと僕との間で ―
立花英久は、映像をつくるひとである。
英久がつくった映像には、人物が映っている。けれど、
だいたいが光がちょっとしか当たらない暗いところに
人物は、いる。だから、人物の動きは、見えにくい。
しかも英久は、そんな暗いところでも人物をちょっと
しか動かさなかったりする。よおく見てないと気づか
ない動きだったりする。
動物は、動くというのが当たりまえだけど、英久は、
人物のなかにあるココロの動揺を表現しているように
思える。
今回、英久は、塑像をつくっている。
塑像は、ふつう動かない。
膝がすこし曲がってしまった肩を落としたひと。
英久がつくるいびつな体型をしたぎこちないポーズの
塑像は、映像のひとコマを抜き出した静止画像ではな
い。
ぼくも知っているあのひと、あの匂い、あの気持ちを
思い出す。そして、ぼくは、動揺しているのだ。
立花文穂(アーティスト)

立花 英久 Online Store More Artist Info

Current Exhibition

Next Exhibition

矢澤 寛彰 展

矢澤 寛彰 展

2017.3.31 fri. - 4.9 sun.

平川 鐵雄 展

2017.4.14 fri. - 4.23 sun.

Exhibition Archive

Mail News

展示会のご案内をメールにて配信いたします。
ご希望の方はこちらまでお知らせください。