Gallery / Exhibition /

08hirakawainfoweb.jpg

平川 鐵雄 展/Tetsuo Hirakawa 陶器


2008.10.7 [tue] – 10.14 [tue]
パラパラと料理雑誌を見ていて、すぐに判る平川さんの器。
ごそっと重たそうで、てらいが無く、存在感あふれる器です。
かと言って、土もの特有の“侘び寂び”の趣きではなく、自然物としての土が、もともと備え持っている“味わい”が生かされた焼き物です。
平川さんの制作は、東北・関西・東海地方など、トラックで土を採集することから始まります。
均一に焼き上がる土や、意図どうりに納まってくれる土を求めるのではなく、あえて自然の混じり物や成分を多く含んだ土を、期待を持って選んでいきます。
もちろん、釉薬となる灰も自ら作ります。
土・釉薬・焼くという出発点に戻って、それぞれの掛け合わせの関係を選択し、仕掛け、最後は炎の神様に託して、、、。
今年65歳の平川さん。
「なにしろ飽きたことが無い。止めたいと思ったことも無い。売れても売れなくても、変わらず同じ気持ち。この焼き物の仕事をずうっと続けていけたら良いなあ、、、という、ただそれだけの平常心で作り続けている」
そんな日々の生活の中で、ふと気がついたり、感じ入ったり、ちょっと残して置きたくなる心のメモが、俳句のような平川さんの言葉で、長い年月書き留められています。
今回の個展ではそんな句を30選以上、選りすぐってご紹介します。
作品と共に、陶芸家・平川鐵雄という人が持つ風情も、ぜひ感じとってください。
今年の展覧会では、いつもの一品モノに加えて、日常の食卓で使える小鉢、皿など、組み物の器も多数出品されます。
ストアコラムのカテゴリー『つくる・人』  ぜひご覧下さい
平川鐵雄HP

平川 鐵雄 Online Store More Artist Info

Current Exhibition

イワタルリ 展

イワタルリ 展

2017.6.23 fri. - 7.2 sun.

Next Exhibition

浜坂 尚子 展

浜坂 尚子 展

2017.7.7 fri. - 7.17 mon.

西浦 裕太 展

2017.7.21 fri. - 7.30 sun.

Exhibition Archive

Mail News

展示会のご案内をメールにて配信いたします。
ご希望の方はこちらまでお知らせください。