Gallery / Exhibition /

08kunishigeinfoweb.jpg

国重 晶 展/Akira Kunishige 陶器


2008.9.27 [sat] – 10.5 [sun]
職業としての一手段でもなく、かといって趣味の範囲にも留まらず、国重さんにとって陶芸は、必要不可欠な日常事のようです。
20年程前自宅に窯を築き、ほとんどが独学で今に至っています。
ある時はお尻のオブジェやクリスマスツリー、そして、ある時はメッセージ性の強いアート作品など。
一方で,無数の穴を開けて削ぎ落としていこうとする技術ぎりぎりの、2006年サボア・ヴィーブルでの個展。そして今回出品される、華飾として土をくっつけていく作品表現など。
およそ一人のアーティストから生まれるには、作風という視点で、一見矛盾に満ちているかのように思われますが、ナイーブな彼女の一面を見る思いです。
異常なまでの読書好きな国重さんにとって、ショックを受けた感情を土で表現したくなり、制作のきっかけになることもあるそうです。
土と無心に対峙することが、彼女の自己表現のひとつになっているのでしょうか。
今回のテーマは“雨の音”
「個展作品用にと、神経をすり減らすような華飾の工程に時間を費やしている頃、毎日が雨。おもいっきり雨の音が打つ仕事場で、ふっと手慰みに作っていたのが雨の雫のカタチでした。気持ちが休まり、これでいってみようかと?」
雫のカタチの一輪挿し、雫の形をした器、雫が貼り付いた器、そして、苦労したトゲトゲが貼り付いた繊細な作品など。
今回は銀彩や色絵など、カラフルに華飾された作品も多く、今までとは違った国重さんの一面が楽しめそうです。
ストアコラムのカテゴリー『つくる・人』  ぜひご覧下さい

Current Exhibition

イワタルリ 展

イワタルリ 展

2017.6.23 fri. - 7.2 sun.

Next Exhibition

浜坂 尚子 展

浜坂 尚子 展

2017.7.7 fri. - 7.17 mon.

西浦 裕太 展

2017.7.21 fri. - 7.30 sun.

Exhibition Archive

Mail News

展示会のご案内をメールにて配信いたします。
ご希望の方はこちらまでお知らせください。