Gallery / Exhibition /

08kudouinfoweb.jpg

工藤 和彦 展/Kazuhiko Kudo 陶器


2008.9.18 [thu] – 9.25 [thu]
14年も前、縁あって移り住んだ北海道旭川の土を自ら掘って原料とし、器制作を続けている陶芸家です。
きめの細かい土をしっかり焼くことで、軽くて硬い、安心感のある器作りが工藤さんの特徴です。それらは“気負い”や“てらい”がなく、飽きのこない器です。
かつて信楽で修行中、知的障害者に陶芸指導した経験が、この道に入るきっかけになったとか。
今でも、N.P.O.“ラポラポラ”の代表として、陶芸を通してボーダレスアートの活動にも、多大なるエネルギーを注いでいます。
「彼らのおおらかな造形、あらゆるものに左右されないゆとり、意識に偏りすぎない間合い、、、。自分も、湧き上げてくる制作意欲を大切に、自然体で作陶していきたい」と、この二足のわらじの大変さと、励みを話してくださいました。
今回の個展のテーマは『片口』です。
「片口は自分の中で、手応えのあるカタチです。お酒を注ぐ器としてしか知らなかったのですが、料理を盛って使われているのを見て、よりイメージが広がりました」
今まで人気だった黄色味を帯びた粉引から、白い印象の粉引に表情を変え、片口をメインにした器が揃います。
“ベストセラーよりロングセラー”をモットーに器作りを続けている陶芸家、工藤和彦さんの新作の器展です。
ストアコラムのカテゴリー『つくる・人』  ぜひご覧下さい

工藤 和彦 Online Store More Artist Info Official Site

Current Exhibition

Next Exhibition

矢澤 寛彰 展

矢澤 寛彰 展

2017.3.31 fri. - 4.9 sun.

平川 鐵雄 展

2017.4.14 fri. - 4.23 sun.

Exhibition Archive

Mail News

展示会のご案内をメールにて配信いたします。
ご希望の方はこちらまでお知らせください。