Gallery / Exhibition /

08-terakadoinfoweb1.jpg

寺門 広気 展/Koki Terakado 陶器


2008.3.20 [thu] – 3.27 [thu]
洋画家のスケッチに、軽く彩色された印象の絵付けです。
それは肩の力が抜けていくような、ゆるーい感じの器です。
東京芸術大学で彫刻を専攻、大学院修了という経歴をお持ちの寺門さんですが、8年程前から、陶芸の道に転向。
走り描きのデッサンが好きな寺門さんにとって、陶芸は、やりたいことがすぐカタチになり、思いついた絵柄を瞬時に描けるという、フットワークの軽さがなによりも性に合っていたようです。
「食べることは、生きていく上でとても近くて大切なことです。食事の道具としての“器”を創ることに、日々係わりながら、自分の生き方のメッセージもちょっと盛り込んでみたいと思っています」と話す寺門さん。
“使いやすい器に、直感的な絵を描く”
それは“自分が使ってみたい器に、自分の好きな絵を描く”とも言えるそうです。
今回は、動物が主人公。
小皿、箸置き、カップなど、立体の動物が付加された器や、擬人化された動物の絵柄など、おとぎの国の動物園のようです。
自然体で、自己表現として、器創りを続けているアーティストです。

Current Exhibition

木越 あい 展

木越 あい 展

2017.11.22 wed. - 11.29 wed.

Next Exhibition

松尾 一朝 展

松尾 一朝 展

2017.12.2 sat. - 12.10 sun.

立花 英久 展

2017.12.16 sat. - 12.25 mon.

Exhibition Archive

Mail News

展示会のご案内をメールにて配信いたします。
ご希望の方はこちらまでお知らせください。