Gallery / Exhibition /

teraiinfoweb.jpg

寺井 陽子 展/Yoko Terai 陶器


2007.5.22 [tue] – 5.29 [tue]
私の仕事は紙と滑りのよいペンから始まります。
無数に描いた形の中から、
立っている姿を見てみたい 触れてみたい
と思ったものを選びます。
そしてワクワクしながら土に向います。

ヒトの体のしなやかさ 植物のツルが絡む様子
湿った空気に包まれ呼吸している苔の感触
熟れすぎた木の実の匂い
日々起こるちょっとした感動が
密かにラインになって現れ
作品に変化を与えてくれているように思えます。

現在の私と惹きあうモノを作り続けたいと思います。

と、この“ことば”こそが、まさに寺井陽子さんです。
“私の思いどうリに、どんなカタチにもなってくれる土を触っていると、改めて、この触り心地が好きなんだと実感します。そして時間が経つほどに、その感触がしっくりと自分になじんでいくのを感じます”と、話していらっしゃいます。
生き物が結果として保っているような微妙なバランス感覚が
彼女の体感なのでしょう。
有機的なフォルムですが、無理に創り込もうとせず、
手捻りにより、ひとつひとつていねいに成形された作品は、
それぞれに命が授けられたかのようです。
最近、気になっている色は、“ブルー”とか。
今までは、カタチに合う質感と色合いがテーマでしたが、
“ブルー”という色を意識して、似合うカタチを模索中。
そんな新作も出品されます。
日本人特有の「雅」の香りを持ち合わせたアーティストです。

寺井 陽子 Online Store More Artist Info

Current Exhibition

ガラスの酒器 展

ガラスの酒器 展

2017.8.11 fri. - 8.22 tue.

Next Exhibition

望月 薫 展

2017.8.25 fri. - 9.3 sun.

西山 雪 展

2017.9.8 fri. - 9.18 mon.

Exhibition Archive

Mail News

展示会のご案内をメールにて配信いたします。
ご希望の方はこちらまでお知らせください。